カテゴリ:戦いの記録( 8 )

【騎士団2ペア考察】

先日いったペア騎士団の感触を元に現状での騎士団2ペア狩り
について考えてみる。
基本は以前に書いた「騎士団トリオ」「騎士団ソロ」のミックス。
毎度ながらHITの足りないジョカと深淵のBDSが課題となる。

全体的な感想としては以前のレポよりVITが上がったことにより
安定感がより増したといえるのではないだろうか。
現段階(Lv90、VIT29、HP11790)ではBDSでの即死もなくなり
コンセ5でのHIT確保とパリィ(Lv8、阻止率44%)があれば深淵の
1セットだけなら安定して狩れるようになった。いうまでもなく
被弾時のプリの支援が的確であることが大前提ではあるが・・・。
対深淵でのメインの攻撃方法であったバッシュ連打が燃費が良く
高威力のBBと、SP温存の通常攻撃連打に代わったことでSPに
余裕がうまれ、対ジョカ戦でバッシュを多く使えるようになった。

【プリの負担軽減】
SPに余裕が生まれた副産物としてパリィの常時使用が可能になり
支援プリがHLやキリエ、IMなどのサブ的な支援をする余裕がさらに
できたと言える。今まではSP温存の意味でモンハウ時や対深淵戦のみ
パリィとかが多かった。
ただ深淵戦はあいかわらず、いつ来るか分からないBDS被弾に対して
かなり緊張感を強いられるが、これはAGI両手の仕様なので仕方が
無いことだろう。
今回の狩りではMEプリとしてのSWが役に立ったがSWの代わりの
キリエもパリィと組み合わせれば対BDSとしてはある一定の安定感を
得られると思う。

【BBと共闘HL】
SPに余裕がある場合、敵を3体ほどまとめてBBを行おうとした時に
共闘HLなどでタゲをまとめれなかったことが数回あった。
積極的な共闘HLは大歓迎なのでプリとの連携を考えるよりはむしろ
BBを使わずに各個撃破でいいのかもしれない。
あまったSP は対ジョカ戦のバッシュの頻度を上げる方に使うことで
BBをするのと同じ、殲滅スピードの上昇が見込めると思う。

【プリの護衛としての動き】
トリオでの役目がいままで殲滅をもう一人の攻撃職に依存する
という形が多かったため、ペアでも違和感なく動けていたと思う。
プリにいったタゲを全部引き受けても避け、あるいは耐えれるのが
AGILKなので、それほど問題はなかった。

【モンハウ時の対応】
一番ピンチだったのがレイド・カリツ・レイドアチャ多数の時だった。
CAとパリィで思ったように動けなかったり、まとめてBBをしようとして
奥の敵まで呼び寄せてしまったりと散々だった。
他のLKサイトでよく書かれている「ニュマ・闇ブレの重要性」が今回の
狩りで良く理解できた。
闇雲にモンハウ中央に突っ込んでBBをしないで、プリのニュマ・闇ブレスで
アチャの攻撃に耐えつつレイド・カリツを一体ずつ確実に仕留めることが
最善の方法であろう。

【装備について】
今回の狩りは白ポ40、ローヤル10、芋メイル、芋メイル使用時の頭装備
としてのバフォ帽(通常は骨兜)などを持っていったが、重量制限などを
考えると、芋メイルオンリーでいいかもしれない。
その分をローヤルの数を増やして深淵+その他諸々の沸き時のBB連打に
まわせば、少しは沸き対策にはなると思う。

【まとめ】
一言で言えば「SPの管理」これに尽きる。
通常時にできるだけSPを温存しつつ殲滅速度を維持して、対深淵戦
などで一気に爆発することが重要。STRの関係であまりSP回復剤が
つめないので、SPを温存することで解決するしかない。
しかし矛盾する話になるが高INT故に敵に少し出会わないだけでSPが
満タンになるという状態もあったので、このあたりのバランス調整が難しい。

適度にスキル攻撃を混ぜて殲滅しつつ、沸いた時はあせってバッシュや
BBを連打しないでパリィとプリの支援を信じて通常攻撃で多数の敵を
さばくことが今後の課題である。
[PR]
by ousama-lk | 2006-01-24 00:00 | 戦いの記録

【騎士団2】ソロ 

騎士団PT狩りでの考察は、過去にも行っているので今回は
ソロでの騎士団2の狩りについて述べたいと思う。
もちろんPT戦でもVIT振り・パリィのジョブLVアップなどで以前とは
また戦い方が変わったので後日書くことになると思う。

時給だけなら他の狩場の方が優れている。

レア狩場としては申し分ないが、危険度も高くソロでは難しい。

そんな騎士団2でなぜ狩りをするかと問われれば、AGILKが
騎士団で長期滞在できる高いソロ性能を持っていることを証明したいという
自己満足の為であったり(ぁ


【装備】
騎士団2はメジャーな狩場であり、適した装備を今更書くことも
ないとは思うが・・・。
深遠はソロでは相手しないのでBDSと鎧破壊を考慮に入れない。
よって鎧は闇メイル一個のみ。武器は持ち替えが困難なLKとしては
アチャ・アリス以外をカバーできる大型が最適であろう。
PT戦では元からの高Fleeと死ににくさを重視してレイド装備が
良いがソロの場合は全弾を避けるつもりでないと話にならない
ので木琴装備で。
靴は回復重視のエギラにしたが、銃奇兵や別の物でも問題は
ないと思う。
ハイレベル靴あったら当然つかってるよ!ヽ(`Д´)ノ

e0050389_17275544.jpg


【各敵への対処法】
レイド
主食。沸いてもBBで一掃できる。AGもAGI騎士には関係なし。
騎士団とはレイド狩りと心得るべし。

レイドアチャ
邪魔者。CAで飛ばされる、避けれない、など厄介者ではあるが
FAでバッシュを入れてスタンしている間に倒すのが基本。
たとえスタンしなくても、HPも少なくすぐに倒せる。
3匹いたらおとなしくハエかパリィしてバッシュ連打。

カリツ
スタンさえなければ問題なし。単体では脅威にならない。
レイドを数体抱えたままでの交戦を避けるのを心がける。
先に周囲のレイドをBBで一掃するのがスタンで死なないコツ。
単体の時は無駄にスキルを使わずにHPRの発動とSP回復の
時間と考えて通常攻撃でゆっくり倒す。

ジョカ
ピアースのないAGI騎士には厄介な敵だが、LKにはコンセが
あるので問題はない・・・・・とも言えない。
必中220はコンセだけじゃ足りません><
ということで、コンセ5でミスを出しつつじっくり倒すか
バッシュ連打で瞬殺するかの2択となる。
バッシュはピアースと違いSP効率が悪いのでSP管理に
きをつけること。
どちらにしてもプロボをいれると倒すまでの時間が短縮できる。
属性が面倒なときは無視してハエ。呪いの水とかもったいない。

深遠
華麗にスルー

アリス
ディスペルが邪魔なのでプロボいれて瞬殺で。

血騎士


魔剣
他の敵がいなければACで地道に削って倒せる。
盾破壊を気にしないで良いのは両手LKの特権なのでぜひ
倒したい敵ではある。
ただ雲母の値段は下がる一方だし、Cを狙って必死で倒す
のはちょっと・・・・

【TRと聖斧の使い方】
いくら避けるAGILKでも被弾は当然します。ですがHP回復
させるのに常に白ポを使っていては15分も狩場に滞在できません。
そこで登場するのがTR(テンションリラックス)と聖斧です。
この2つをもっているのは極稀だと思いますがw
基本はTRで回復です。「自然回復なんでだるすぎる」と思うかも
しれませんがTRの回復スピードは体験してみなければ
わかりません。とにかく早いので便利です。
聖斧は使うタイミングが限られます。
持ち替えによるブーストスキルの解除&ヒールによるSP使用と
再びAblやコンセを使うSPの総量はけっこうすごいです。
高INT型の俺ならではの回復方法なので素人にはお勧めできません。
むしろ聖斧使用にかかるSPをBBやパリィにまわして被ダメを減らす
のが正解だったりもしますが、それだと聖斧買った意味がなくなるので
この際無視しておこう。

【チキンのすすめ】
緊急時に使う白ポも使わないに越したことはない。
TRも聖斧もダメージを受けなければ、しなくて済むのだから
いかに被ダメを少なくするかが問題となる。
ずばり極意は「チキンになる」である。レイドとカリツとジョカだけを
タイマンで相手にする状況に持ち込む事を常に心がけること。
白ポは10だけで後は現地調達し、ハエは50個持っていく。
面倒な敵集団だと思ったら即ハエで移動。

ブリガンと骨を集めつつ、たまに出るエルを拾いモチベを保って
減った白ポはカリツから回収。そして最後にMレアをゲット!
これが理想的な騎士団2の狩り方です。
効率?なにそれ、美味しいの?
[PR]
by ousama-lk | 2005-12-22 00:00 | 戦いの記録

【騎士団2】転生トリオ

前回の騎士団で懲りていたが今回は「前衛・後衛・支援」という
きわめてバランスのとれた構成、しかも全員転生職ということで
また騎士団へ行ってみた。
果たして前回の反省は生かせるだろうか・・・。

【PT構成】(76±5)
LK・廃プリ(ギルメン)・スナイパ(ギルマス)で構成。
前回とは中の人は一緒でVIT騎士がスナイパに変わってます。
VIT騎士の耐久性がなくなった変わりにスナイパの火力に期待。

【戦況】
とにかく問題は深遠戦。BDSは耐えれないのでスナイパ任せ。
|ω・`) 深遠?ミテルダケ~
それ以外の敵もスナイパの火力頼り。(´ー`)y─┛~~ 
当たり前だが「スナイパの火力を最大限に引き出す」のを第一とする。
前衛としてまず状況を把握し、カリツ・アチャを優先的に撃破。
ジョカはプロボだけしてタゲをとりつつスナイパ任せ。
e0050389_1119344.jpg


【深遠戦】
単体の場合は、先頭でカリツのタゲをとって深遠にプロボ。
後はスナイパが火力で押し切る。アスムあるしプロボ入っているので
罠を置くよりも良いらしい(スナイパ談)
取り巻きのカリツ以外の複数の敵を含む場合は、アチャはおいといて
とにかく深遠以外のタゲをこちらに持っていく。

【BB&♯】
プチ沸きはBBと♯のコンボ。スナイパが♯ではなくFAやDS連打を選択
する場合もあるので(どういう条件でスキルを選ぶのがまだ知らない)
100%連携がとれているとは言えないが、一直線に並べてBBと♯の
コンボで敵を倒した時の気分は最高。

【サークルトレイン&AC】
鬼沸きの時は大抵、深遠か魔剣が敵に含まれているので(BOTの溜め
込みが原因か?)とにかくレイドとカリツのタゲを取ってスナイパが
攻撃に専念できる状況にする。
サークルトレインは、どうみても必死に逃げ回っているだけなのだが、
まあこれも作戦のうち・・・。
あとは状況を見て集めた敵にBBしたりACしたり。

【LAと両手剣】
DSをメイン火力とするのでLAを入れるのはプリとしては当然の選択
なのだが

敵発見→俺がまずFA→LA→俺の攻撃が2倍でHIT→DS(通常ダメ)

というパターンが多かった。LAをやめるわけにはいかないし
かといってLADSが入るまで俺が待つというのも違う気がする。
ということで解決策。
複数の敵がいた場合は、まずLA→DSで倒すであろうアチャをバッシュ
で倒す。LAが仮にこなくてスタンを期待できる。
LAがバッシュに入ってもDSがその後に入るのでアチャならすぐ倒せる。
敵とプリとの距離が近い場合、つまりLAがすぐに来そうな場合は
1タイミングまってLA→BB・バッシュをする。
他の状況ではあきらめてLAを気にせず通常攻撃。
まあLAいれる前にIMくれっていうのが本音なのだが・・・。
LKにIMやるよりスナイパ用にLAいれる方がいいんだろうけどね~

理想は俺が通常攻撃で1HITだけあててタゲとって、プリがLA、スナイパ
がDSで倒すことだが・・・。

【まとめ】
今回は「スナイパを生かす」のを主目標にしたために本来なら
5:5であるはずの戦力比がスナイパ7:LK3といった感じになって
しまった。AGI両手LKであってもレイド・アチャ・カリツに対しては
スナイパに劣らない殲滅力を発揮できるはずである。
本来BBや通常攻撃で敵を減らす状況での、ACやサークルトレインでの
「待ち」の姿勢は被弾を減らすことによってプリがスナイパの方に集中
できるというメリットがある反面、殲滅スピードの鈍化をもたらしてしまった。
廃プリ・スナイパのSPの問題もあるし、こっちもガンガンダメージを受けつつ
敵を倒していくという形に持っていくのは、まだまだ不安が多い。

前回の騎士団レポのまとめで「まだまだ騎士団で活躍はできない」と
いったのは訂正する。
今は「まだまだ騎士団で主役にはなれない」といった所か。
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-21 00:00 | 戦いの記録

【騎士団2】デスペナ3連発

ギルメンの廃プリのLVを上げるという名目で騎士団へ。
どう考えても俺の参加は余計だが騎士団へいけるのなら
些細なことは気にしないぜ。
だって金が欲しいんだもん! ・゚・(ノД`;)・゚・

【PT構成】(74±5)
LK・廃プリ・槍騎士で構成。
槍騎士がメイン火力でオレがレイドアチャ・ジョカを担当して騎士の
SP負担を軽減するという作戦。

【戦況】
まず見通しの甘さを思い知ることに。
コンセ4でも満足にジョカにあたらなかった。
データを全然見ないでいったツケだが、100%あたるとは元々
思っていなかったが、ここまで当たらないとは・・・・。
結果バッシュ連打することになり、こっちのSPが全然足りないことに
なってしまった。
e0050389_11213035.jpg

合計3回のデスペナを食らった。
3回はさすがに死にすぎだがそのうち2回は死ななくても済んだのが
悔やまれる。

【デスペナ1回目】
深遠は槍騎士にまかせて俺は他のタゲを相手にするのが基本戦法
だったが深遠だけの場合は槍騎士の反対側に回って攻撃していた。
ところがこの時にクルッと深遠の向きがかわり「ヤバイ」と思ったときには
BDSで即死していた。

【デスペナ2回目】
槍騎士が階段を駆け上った(視界から消える)後にレイドが大量に沸いた。
これに廃プリがつかまりHITストップで階段を上ることさえできなくなり
俺がBBで散らしているところに深遠が曲がり角から流れてきた。
白ポ連打で耐えるも廃プリが死んで、白ポ切れで俺も死亡。

【デスペナ3回目】
これは単に沸きすぎたということ。ジョカが5と深遠とかだった。

【デスペナ回避策】
1回目のデスペナの対策は、消極的な対応としては「槍騎士にまかせる」
が正解だとは思うが、別の対策としては「盾を持つ」「コンセをはずす」
などが考えられる。ピアースにタイミングを合わせてバッシュをすれば
良いかもしれないが、このあたりはまだまだ未知の領域。

2回目のケースでは非は明らかに槍騎士にあるが、うまく合流できて
いれば死ぬことはなかったかもしれない。
廃プリがHITストップで動けないという時点で「俺一人で殲滅」するという
思考に走らずに、適度にタゲをはずして階段上へ速やかに移動するのが
最善の手だったように思う。
また、アスムがあれば少しは状況は変わったかもしれないが
緊急時にアスム1をヒールの合間に入れてくれと言うのは
アスム覚えて間がない廃プリには無理な注文だったのだろうか。

3回目のケースでは死んだ時の立ち回りよりもむしろ白ポの搭載量が
気になった。2回目に死んだときに白ポを全部使い切っていたので
槍騎士から20個ほどもらっていたのだが、ここで全部使い切って
回復できずに死亡した。
騎士団で前衛をするには今のLKでは攻撃力が足りないだけでなく
搭載量的にも問題があるのかもしれない。
今のLVでは騎士団ペアはありえないので、いっそのことサブ火力に
徹して、盾・片手剣という選択もありかもしれない。

【まとめ】
今回の狩りで今のLKでは「まだまだ騎士団で活躍はできない」という
ことがはっきりしたと思う。
ギルド狩りなどで行くことはあっても「あそび」の要素がない狩りでは
LKは参加できないだろう。
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-18 00:00 | 戦いの記録

騎士団:弓職からのアドバイス

騎士時代にお世話になったギルドのマスターのサクリさんからコメントが
あったので今回はこれの返信。
スナイパ持ちだけあって弓職の視点からのアドバイスがありがたい。

*サクリさんからのコメントは 【騎士団2】LK初の騎士団 にあります。

【弓手がアチャ倒すのは定石】
たしかにDS数発でアチャは落ちそう。CAや避けるのには高Fleeが
必要と厄介な敵なので定石だと思います。
でも逆に「弓職は先にアチャ倒してよ!」となぜオレが前回の騎士団
について書いたときに思わなかったのかを考えてみると
・単体では怖くない。
・CAされたらされたで、また接近すればいい。
 コンセ(インデュア効果)つかってたという事も少しは影響してます。
・複数いたらDSでまず数減らされるだろうし、プリ2だったので
 いざとなったらニュマをおきまくればいい。

もっとも、スタン攻撃してくるカリツがいない場合には積極的にスナイパが
DSでアチャを狩ってたのかもしれません。
そこまで気が付かなかったというオチなのかも・・・。

【3匹タゲられたときの対処】
前衛としてLKが先頭を突っ走るので大抵タゲはオレにきます。
まずカリツ優先なのは今更言うまでもなく、オレもスナイパも真っ先に
倒してました。

ただレイド(A)を叩いている時にカリツやレイド(B)と(C)が流れてきたりすると
・レイド(A)を倒した後にカリツに向かうのか
・レイド(A)引っ張ってカリツを倒しに行くのか
・カリツをまかせて、レイド(B)のタゲをはがすのか

といった感じでその場のその場で適当に対処していたので
全体のイメージでは「バラバラに敵を相手にしていた」と感じたのです。

スナイパという強力な火力があって、殴りプリがいて(タゲが分散する)
ということで今回の狩りはいささかイレギュラーという感があります。
プリ・ハンタ・LKという構成で行った場合は色々と今回のような
適当?な対応ではダメな場合もでてきそうです。

*深遠・魔剣についてはもうちょっと場数を踏んでから書きます。
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-13 10:01 | 戦いの記録

【騎士団2】LK初の騎士団

LKが所属するギルドのマスターに誘われ行くことに。
参加者は全員ギルドメンバなのでいちおうギルド狩りになるのかな。
深遠はマスターのスナイパがアンクルするってことで
「まあどうにかなるだろう」と思って行ってみることに。

【行き先】
騎士団2F

【PT構成】(74~84)
LK・スナイパ・支援プリ・殴りプリの4人で構成。
殴りプリが入っている時点で普通の臨公とは全然違う。

【装備と所持品】
騎士時代は槍修練とピアースがあったのでAGI槍として
盾と槍(DADTi)をもってVIT槍騎士の補助をしたことがあったが
今回は普通に両手剣LKとしての装備でいくことに。
コンセ4があるのとスナイパがいるのでジョカの対処は考えなくていいので
武器は大型特化剣1本。
鎧は闇鎧、予備にプパ鎧。深遠はアンクルでスナイパにまかせるので
最初の遭遇のときにアンクルまで誘導できればいいので芋鎧はなし。
HP底上げのためにマタ靴。あとはできるだけ白ポを搭載。

【戦況】
塩あればそこそこの戦力になる俺と、火力抜群のスナイパ
その2人へのタゲ集中を分散する役目を担う殴りプリ。
転生職が2人もいれば騎士団が余裕なのは当たり前。
普通に狩りはスムーズに進行します。
ただ前衛やっている身としてはどっちのプリから塩が
来ているのかわからないが、切れていないのによく飛んできたので
コンセやオラブレで塩切れたのかと思われたのか気になった。
e0050389_15134265.jpg

問題があったとすればタゲの優先順位だろうか。
支援プリ以外の3人がバラバラに敵を相手にしていたように思える。
火力が高いスナイパがどんどん敵を食っていくので特に支障は
ないのだが・・・・。

【LKから見たレイド・レイドアチャ・カリツ・ジョカについて】
☆レイド
4種類の中では一番フツーな敵。数が集まらないと脅威にはならない。

☆レイドアチャ
AGI型にも当ててくる嫌な奴。複数にタゲられてのHITストップが
厄介だが単体では弱い。

☆カリツ
タフでスタン攻撃をしてくる厄介な敵。ただTUであっさり死ぬ。

☆ジョカ
コンセ4で当てれないこともないがスナイパにまかせるのが一番。

やはりカリツが最優先だろう。ジョカは無視するとして
その次はレイドアチャかな。今回のように弓職がPTにいると
ニュマもしにくいし、レイドは3人ともかわせるので。

【まとめ】
あいかわらず当たり前っぽい問題点と対策になっているが
狩り行く前に全然気が付かないのが経験の少なさか。
深遠戦で一回死んでいるが、深遠への対処法はAGILKとして
今後も悩まされる事になると思うので、また機会があれば
書くことになるだろう。
とりあえず
「現段階では深遠のBDSには耐えれません!」ということで・・・。
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-11 00:00 | 戦いの記録

【時計4】本部屋ガクガクブルブル

実は昨日もいったのだが、今回と同じ面子に廃プリが追加という
4人PTに2プリ状態だった。
今回は支援はプリ一人ということでどうなることやら・・・。

【行き先】
時計4

【PT構成】(±72)
LK・廃WIZ・プリ
ギルメンの別キャラの廃WIZ、その知り合いのプリなので
臨公ではない。

【装備と所持品】
SGで凍らないオウルが大型ということで大型特化剣をチョイス。
白ポはペコにも乗れるようになったの40ほど搭載。
大事なものを忘れた事に後できがつくことに・・・。


【戦況】
「プリのSPがきついので抑え目に」とのこと。
元から不慣れな狩場だし、そこまで沸くこともないので普通に
狩っているだけで「抑え目」となる。
e0050389_1119112.jpg

アスムが無いので一旦噛み付かれるとガンガンHPが減っていくので
SCのMBをACに変更。
暗闇対策なし、万能薬も持ってきていなかったので
暗くなるとさっぱり動きがとれなくなった。
狩りの前半は移動狩りだったが本部屋が空いた後半は
本部屋で固定狩り。
昨日はなれない狩場ということで必死だったが今回は2度目ということで
周りを見る余裕ができ、そのために色々と改善すべき点が見つかった。

【まとめ】
この狩りでプリが2度死ぬという事態になったのだが
この時の状況に今回の問題点が全部含まれていると思う。

・基本のポジション
敵敵敵←俺 プリ WIZ

↑この状態でWIZの後方に敵が沸くと・・・

敵敵敵→プリ WIZ 俺→敵 

WIZへのタゲをはがす為に俺が移動した結果、プリに俺が抱えていた
敵が一斉に攻撃、WIZへのヒールをしていたプリは耐えられなくて
死亡。
もうちょっと実際の死んだ時の状況は複雑なのだが
死へは至らないが、同じような状況が多々あった。
あきらかに俺が悪いです・・・orz

なぜ何度もこうなったのか考えてみると
・WIZ=紙 一体でもタゲられると死んでしまう。
・プリ 70台だとINTのみ。VITがないので耐えられない。
・LK  前衛なのだからすべてのタゲを自分が引き受ける。

このように思い込んでいたからだろう。実際はプリのヒールがあれば
廃WIZが一瞬で死んでしまう事はないし
プリもVITなくてもヒールで耐えることが可能。
WIZがやばいなら俺ではなく、プリがタゲをはがせばいいわけだし
(実際プリはそうしてた)
プリとの「タゲの分担」という意識が全く無かったと言わざるを得ない。
「プリが何体までなら抱えられるか」ということを見抜かないと
全部のタゲをとって抱えすぎて俺が死ぬこともあるだろうし
この点は大事なポイントなので次回は注意しようと思う。

前衛ならできて当たり前のことを書いてる気がする。
でもこの前衛としての常識がソロ狩りだけで光った俺には
全くかけているのでここに書く羽目になるわけで・・・。
今後も精進するのでプリさんお見捨てなく~
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-04 00:00 | 戦いの記録

【GD3】「LK初の臨」

LKになって初めて臨に参加した。
前にもGD3の臨の募集はあったがシャアが倒せないので遠慮していた。
今回はコンセも1だけだが習得し、弓ローグ(高DEX)も参加とのことなの
でいってみた。

【行き先】
GD3

【PT構成】(Lv68~73)
LK・プリ・弓ローグ

【装備と所持品】
GDは「小型」「念属性」「要高HIT」と騎士には不向きな狩場。
だから騎士時代には全く行ったことがなかった。
よく知らない狩場なのでサイトで敵を調べて水クレイと☆入り土クレイを
用意した。

【戦況】
普通に前衛らしく敵のタゲをとり、あとはひたすら各個撃破を行う。
今回の狩りは慣れない狩場での初めてLKでの臨ということもあり
失敗が多々あった。
e0050389_952860.jpg

まず武器の選択。GD3に到着した瞬間にプリから塩をもらった。
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)
そうか、その手があったか・・・orz
事前に確認していれば別の効果的な武器を用意できたかもしれない。
まあ☆入り土クレで殴ってたのでシャアに当たるのは良かったのだが。

敵が複数いるときの明確な優先順位が確定させていないので
俺のLKもローグも手当たり次第に目に付いた敵を倒していった。
もちろんローグには明確な順位があったのかもしれないが
そこまで見る余裕が俺にはなく、敵データもさっぱり頭に入ってない
のでとにかくローグとの共闘を心がけた。

プリがタゲられた場合の対処もさっぱりだった。
タゲはがしに行こうとするとモンスターをぞろぞろ引き連れて
プリのそばに行くことになる。
今回の狩場では問題なかったと思うが、タゲ移りしやすい狩場だと
プリになすりかねない行為だった。
せっかく弓ローグがいるのだから任せるべきだった。

最後はモンハウに遭遇、ローグが真っ先に死にタゲを全部引き受けた
俺はパリィでしのぐもSPが切れ、呪われ、暗闇になったところで死亡。
ローグはハイドしたかったらしいがモンハウでは出来なかったとのこと。
悪魔系いたら無理なんじゃ・・・
まあ、もし仮にハイドが成功してたらパリィ展開しつつ、きっちりまとめて
BB打つことで全滅を免れたかもしれない。
また立ってた位置がモンハウの真ん中とヒールがやりにくい位置
だったのも問題だった。
察して移動しようとしたときには呪いで動けなくってた。

【まとめ】
今回はLKで初の臨ということもあり、反省点が多い。
・最適武器の選択
塩前提なら「小型」オンリーになるのだが、切れた時などを考えると
やはり☆入り土クレも持っておくべきか。
・暗闇対策
万能薬は持っていってたのだが、とっさに使うことができなかった。
SC2・3枚目の固定が不十分なのが原因。
Fleeが生命線であるAGILKならば対暗闇装備でいっても
よかったのかもしれない。(持ってないけどね
・敵の優先順位
現段階ではHIT不足の為、俺の役目は「当たりやすい敵を速やかに処理」
することだと思うので、グール・ウィスパ・マリオネットを狙うべきか。
逆に当たりにくいシャアは後回し。
・スキルの使用
積極的に使っていこうとしたのだが気が付けばSPが満タンという
場合も多く、バッシュを効果的なタイミングでだせていなかった。
[PR]
by ousama-lk | 2005-10-02 00:00 | 戦いの記録