GvG考察その2「レースについて」

いつもは同盟を組んで数十人規模のGvをしているが、今回ソロでGvを
する機会があったのでこの機にレース(放棄前提・防衛不可の人数
でのGv)におけるAGILKのあり方を考えてみる。

*レース・レーサーギルドの定義は人それぞれ。

Gvの目的は砦確保にあるが、レースの目的は多少異なる。
とりあえず「コールを稼ぐ」のが目的である。
(最後の数分は確保を視野にいれた動きが必要だが)
ただし本格的なGvGを視野にいれた
ギルドの成長過程の初期段階としてのレーサーはまた別である。

ここではいかにコール数を稼ぐかを考えてみる。

【装備について】
装備面では、防衛を考慮にいれないので対人剣などは用意しないで
いいので重量に余裕が出る。エンペ専用武器だけで十分である。
スタート時の鳥対策にアンフロがあればいいが、ペコダッシュで振り切る
という手もある。
白ポも放棄前提なので搭載ギリギリまで積む必要もないと思われる。
エンペが割れるまでの間にたまに落ちてくるSGに耐えれる数が
あれば十分。ハイドクリップもあればもって行く。

【レース独自の戦術】
ペコダッシュ→エンペ到着→バーサークで割る
というのが基本的な流れであるが、一番にERにたどり着いて割り
始めるのが最善とは限らない。たまに防衛ギルドがガーディアンを
配置している場合があるので、1番にエンペにたどり着いた場合タゲ
られることになる。その対策用にハイドクリップがあれば便利である。

また少人数で防衛を試みているところには、最初につっこまず後続の
他のギルドを先にいかせておとりに使うという手もある。
一番にERにたどり着くと阿修羅の的になる可能性が高い。
元々防衛不可能なので阿修羅モンクは職の選別をしないで一番に来た
敵をタゲることが多い。
ペコダッシュで到着が並ぶ相手は騎士系なので、立派な的になってくれる
はずである。ただしLKにはバーサークがあるので併走くらいがいいかも。

【より効率的なレース会場選び】
GvGスレなどをみれば規模は小さいギルドながらも防衛を試みている
ギルドがある程度わかると思う。そのようなギルドが防衛している砦は
破壊の可能性が低いので避けること。

また同じギルドが連続して攻めている(あるいはコールされている)
ところも避けたほうがよい。ただでさえ数の上で不利な上に阿修羅などの
排除専門の役目を担ったキャラがいる場合が多い。
ただ、そのギルドが落とすのを見越して砦前待機して落としたら「放棄」を
期待して一度攻めてみるのは有りである。

【まとめ】
ソロでのレース経験が少ないため、大雑把な事しか書けなかったが
運まかせではなく、経験に基づいた動きをする事によってコール数は
どんどん増やせると思う。
バーサークのおかげでLKは競り合いには強いのだから、いかに手薄
あるいは放棄の砦を見極めるかが大事だと思う。

これとは逆の発想でGv後半はV確保にまわってくるソロでは太刀打ち
できないギルドがくる砦をあきらめ、LやCで大きな同盟同士の争いに
紛れ込んでたなぼたを狙うのもありかもしれない。
次にソロの機会があれば、Cとかの中堅同士の争いに紛れ込んで
割ってみたいものだ。
[PR]
by ousama-lk | 2006-01-02 19:57 | GvG
<< 【騎士団2ペア考察】 GvG考察その1「GvでのAG... >>