Lv90(ジョブLv56)

古代装備ができる90に到達。
レベルアップ時のステ振りで悩んだが、STR調整を装備でしても
まだ桁が変わらないので(できないこともないがSTR必死装備杉!)
GvGを考えてVITに振ることにした。「GvG」の為だけにAGI型の
キャラなのにステをVITに振るのはまだ多少の抵抗がある。
(深遠戦を考えてのVITはもう確保済み)

e0050389_106997.jpg

SD4装備。2PC支援がある場合、HPやSPを気にする必要が無い。
よってマフラーとシューズは他のキャラからの移動が面倒という
理由でこれになっている。王冠もSTR調整が今は必要でないので、単に
キャラの通称が「王様」だからという理由で装備。
火メイルと水クレあれば後はどんな装備でも大して問題なし。
仮に「超効率オーラ一直線狩り」をするのなら、「レイド・マタ」装備に
ピッキ鎧になると思われる。
スタンによるデスペナ回避と攻撃力の底上げ(効果薄)がこの装備の
目的。
ちなみに転生前の騎士はレイドが標準装備だった。
高BLvとIA、そこそこのAGIがあればミノなんて木琴でなくても
避けれるし、囲まれることはBBあるのでまずない。
一番怖いのはモンハウでのBB不発でのスタン。

【VITを振る意味】
「PT戦での強さ」はSTR振りまくれば少しは上がる。
しかしINT53のLKがLKの最強型といわれるAGI=STR型の両手LKに
匹敵する力を持つことは不可能であり95あたりを育成の終わりと
考えてまったり育てることになるので、たまに行くPT狩で少しでも
強くみせるより、GvGで活躍できるようにするほうが良いと考えた。
このあたりは、LK作成初期の考え方と大幅に変わっているが
PT狩りで「俺TUEEE」するよりも「GvGで活躍できる」事のほうを
重視するようになったため。

GvGに対するスタンスが変わったというより、ギルドに対するスタンスが
変わったと思ってもらいたい。
「Gvは阿修羅モンクで出て、LKは趣味に生きるぜー」だった初期の
方針が変わったのは所属ギルドの影響である。
レース会場のエンペ破壊も難しい状態(ちょっと言いすぎか)からスタート
したので、阿修羅モンクの出番なんて滅多になく、また阿修羅モンクが
ギルドに豊富にいた為(反面前衛が少ない)にLKでGvをする方が
ギルドの為になると考えてLKでGvをするようになった。
この段階ではVITは1。その後、AGI-INT型を辞めた時に、STRを
ふるよりVITもあったほうがGvで動けると思い、多少振りはじめた。
そして最後には「このギルドをGvで勝たしたい、そのためにはGvステ
としてのVITを振るしかない」と思うようになってVITを振ることになった。

【ソロ狩りの殲滅力の限界】
「ギルドの為にVIT振った」みたいな言い方をしているが、もちろん
それだけの為にVITを振るのを選択したわけではない。
2PC付与での狩りはBBがあるために、これ以上STRを振っても
目覚しい変化があるわけではないという事も考慮しての判断である。
効率重視の狩りをする場合、2PC付与狩りSD4になるわけで
その場合付与BBの威力と、高ASPDでの通常攻撃の殲滅力が既に
限界に達しつつある。高INTならではの常時BB狩りが可能な今
これ以上の時給アップはもう望めない。

【今後の育成方針】
ジョブ修正でSTRが1あがって、STR振りで桁が上がるのなら91で
STRを上げるつもり。あるいは92でそれをすると決めてVITふるかも。
VIT振りでもいつか、STRをもう一桁上げるのは確定してます。
[PR]
by ousama-lk | 2005-12-27 10:22 | 育成記録
<< GvG考察その1「GvでのAG... 【騎士団2】ソロ  >>